スポンサーサイト

Posted by クリエイティブデザイナー on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキスト型コミュニケーションの可能性

Posted by クリエイティブデザイナー on 02.2010 考え 0 comments 0 trackback
テキスト型コミュニケーションの可能性はいかなるものか?

最近、頻繁に考えさせられる。


テキストとは、少しIT世界の専門用語的なところがあるが、簡単に言えば、まさ
に読んでいただいてるこの記事や、メール、チャットといった、電子媒体を介し
てやりとりされる文字情報の総称である。

メールやブログは近年急速に発達してきた。可能性も大きいうえに、手軽に配信
できるため、利便性の高さが人気となっている。
しかし、(わかっておられるであろうが)テキスト型コミュニケーションは制約
というか、言葉で伝えられるはずの情報の一部が失われてしまう。
私はそれが嫌いで、テキスト型コミュニケーションには可能性を見いださず、い
かにリアルに言葉で伝え合う感じをIT技術で実現するかについて、昔から関心が
あった(今もである)。

しかし、最近ある出来事をきっかけに、実際の言葉によるコミュニケーションで
は実現できないことを、テキスト型コミュニケーションでは実現する力があるこ
とに気づいた。

例えば、ヒエラルキーの強い組織で、部下が上司に意見を提示する場合である。
直接や、会議で手を挙げて…は難しくても、テキストでならば伝えることができ
るケースも多いにあるのではないか?

最近、Twitterを用いた会議や発表会があるようで、リアルタイム性を保ちながら
、権力構造の壁をも 飛び越えることができる、一つ面白い事例ではないかと思う



このように、一見冷たいコミュニケーション手段であっても、よく考えれば可能
性が大いにあるということを痛感させられた。
スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://creativedesigner.blog14.fc2.com/tb.php/8-aff3ae2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。