スポンサーサイト

Posted by クリエイティブデザイナー on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きるとはどういうことだろう? ~結婚と仕事を追い求める旅~

Posted by クリエイティブデザイナー on 11.2012 未分類 0 comments 0 trackback
今日は、生きるとはどういうことか?(人生観)を考えることで、仕事と結婚について考えてみたい。

「生きる」ってことを、
・生きる目的(=何故生きなければならないか?)
・生きる動機(=どうして生きようと思うのか?どうして生きる目的を捨てないのか?)
・生きがい(=どういう時に、生きることへの喜びを見出すのか?)
の3つに分解してみることで、「生」を強烈に意識することに成功し、「夢=限りある我が生を大切にすること」と再解釈することができた。



■生きる目的(何故生きなければならないか?)

・自分+家族が生きなければいけないため
・生きることを許された自分は、この世に恩返しをしなければならないため

生きる目的に自分と家族を「養う」ことが入ることで、ちょっとやそっとじゃめげない強い自我を、私は形成しているようだ。
だからこそ、強烈に結婚願望が強いんだと思うし、それを求めることで若き人生に幸せを感じることができている。

そして、生を頂いたことへの恩返しとして「社会貢献」の思想が生きる目的に入らなければいけないと感じることには、自分としても誇りに思う。
そもそも古来から、日本男児は国のために死ぬことに喜びを見出すことを幼少期から教えられ、武士として立派に生を全うしてきた。
また、他国を考えた場合、恐らく宗教観によって、社会への恩返しの思想を植え付けているように思われる。
この思想が生きる目的に入ることで、仕事に対する情熱が何十倍にも増大すると私は信じるし、もしこの思想が入らなければ、家族を不幸にも失った場合に自殺しか道はないのではないかと思う。
日本国(いや豊かであるはずの先進国)での特に男性の自殺者が絶えない根本的理由は、家族を養うことがどうしてもできなくなってしまった悲しき男性と、家族を失い目の前が真っ暗になってしまった男性が引き起こしているのだろうと思うと心苦しい。
良き家族を持ち、社会貢献をするために強く生きるのだと覚悟を決めることができれば、それだけでも十分幸せなことなんだろうと思う。



■生きる動機(どうして生きようと思うのか?どうして生きる目的を捨てないのか?)

・奥さんに頼られ感謝されること、そして子供が成長する姿を見ることに、本能的にこの上なく嬉しさを感じるから
・社会貢献をしない男は価値がなく、最もカッコ悪く恥ずべきことであるという思想の植え付けがあるから
・生きる目的を持って生きていると、生きがいにより心の充足感を感じる瞬間があり、生きることの喜びと感謝の気持ちが芽生えるから

生きる動機には、生物として本能に植え付けられたプログラムと、ある種の宗教観を無意識化に刷り込まれていることが力の大きな源となっているようだ。
最後は副次的な理由ではあるが、生きる目的と同期が揺らいだ時にそれを繋ぎとめる大きな役割を果たしているようにも思われる。



■生きがい(どういう時に、生きることへの喜びを見出すのか?)

ここがその人の人生観であり、個性であり、魅力に繋がるところではないだろうか?
たくさんあればたくさんあるほど、善く生きることができるんだと思う。
・感謝される
・貢献する
・好きなことをする
・・・

生きる目的と動機がしっかりしていれば、あとは種々の生きがいを見出すことで自分らしく善く生きることができるのだろう。



----------
----------

以上を基に、結婚観と仕事観へ話を飛ばしたい。

■結婚観

最近ようやく気付いたことだが、男女の結婚の根底に流れる想いは
・男性→女性:自分が苦しくて落ち込んでも、たとえうつ病になったとしても、その結果過ちを犯したとしても、信じる気持ちを失うことなく自分のそばに居てほしい
・女性→男性:何があっても私を一番に想い、最後まで私と子供を守り抜いてほしい

女性→男性は単なる仮説にすぎないが、男性→女性の結婚観は少なくとも私の場合は究極これであろうとわかった。
男性が求めるのは、妻の信じる気持ちと過ちをも許す心であり、女性が求めるのは旦那の決心と揺るがない心なんだと思う。

つまり、結婚は信じる心と許す心とがベースになっており、これが揺らぐとほぼ終わりなんだろうと、若いながらに悟ってしまった。



■仕事観

仕事を選択する時期が着々と迫っている私にとっては、以下が選ぶ優先順位であるのだろう。
1.どんな苦境に生い立たされても、意地でも辞めずに続けることができる仕事
2.自分の仕事の貢献が多少であっても実感できる仕事
3.好きで人生をかけて打ち込める仕事

得手不得手は私にとっては全く考慮に入らない。
好きでやりがいが見出せ、自分の存在意義が確認でき、どんな苦しくても頑張れる仕事を、これから探し求めるんだろうなと思う。
スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://creativedesigner.blog14.fc2.com/tb.php/53-91a0396d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。