スポンサーサイト

Posted by クリエイティブデザイナー on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の成長戦略を考える

Posted by クリエイティブデザイナー on 25.2010 考え 0 comments 0 trackback
私の好きなTV番組の1つに「サンデー・フロントライン」がある。(毎週日曜日10時より・ABC系列)
http://www.tv-asahi.co.jp/s-frontline/
毎週ノートを取りながら必死に見てます。
良いところは、

・話題のテーマを2~3個取り上げ、関係する日本トップの人たちを招いて徹底的に話す
・小宮さんを含めスタッフがまとも
・コミュニケーションデザインにまで気を配って作られている

ところです。
見たことない人は是非一度どうぞ!

さて、今回は、4/25分の内容がとても良かったので、それについて述べます。
ゲストは
・仙谷 由人 国家戦略担当大臣
・孫 正義  ソフトバンク社長
でした。
孫さんが、今後の日本が進むべき方向を示していて、それが私の考えにかなり近いもので、かつ私の専門分野を後押ししてくれる内容だったので、大変感銘を受けました。
まず、現在政府が出している新成長戦略を取り上げます。
http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2009/1230sinseichousenryaku.pdf

・環境、エネルギー
・医療、介護
・観光

についてはまとめあげられていますが、そこにIT部門が入っていないことを指摘します。
私も賛成です。
これら3つに重点を置くだけでは、まだ不十分だと思います。
そうじゃなくて、もっとIT・インフラ的なものをシステムとして作り上げていく必要があるのではないでしょうか?

モノ作りの時代は終わりつつあります。
十分に良いモノが日本でなくとも作れるようになった今、モノ作りは中国やインドに流れていくでしょう(よく言われますが)。
そこで日本は何をすべきか?何で生き残っていくべきか?
孫社長いわく、そのキーワードはサービス化・情報化・高度化であるようです。
これを顕著に表しているのは、私は「アンビエント情報社会」だと思っています。
http://www.hitachi-hri.com/research/02nfp/04ambient/index.html
http://www.ist.osaka-u.ac.jp/GlobalCOE
情報化されたインフラをシステムという大きな単位で捉えていく。
それを可能とするだけの方針を、日本全体が共有し実現していく。
環境・エネルギー、医療・福祉、観光の全てを巻き込みながらスパイラル成長できる。
そう昔から考えています。
そういった大きな戦略を実現するには、政府も大切であると孫社長はおっしゃっています。
法律というものは、私が考えている以上に大きな力を持っているようです。
国が腹を据えて方針決定をできるよう、研究者・エンジニアとして意見を発信していかないといけないのかもしれません。
というより、私たち若者が変えていく気持ちで、トップレベルの学生たちを集めて国の方針を徹底的に考えていく必要があるように思えてきます。
そんなイベントってあるんかな?
あるなら参加したいし、ないなら作ろうか!
前回の内容じゃないけど、失敗を恐れずそんなことをしていきたいですね!!

それにしても孫社長は話がうまい。
私みたいに曖昧な裏付けでなく、しっかりした根拠をもとに話しているし、
説明もわかりやすい言葉で、イメージしやすい比喩や比較をしている。
プレゼンは見たことないけど、以下のHP見ても分かるように大分現代的(←私はこのタイプなので共感)。
早速、孫社長をフォローし本を注文しちゃったww

孫社長の意見まとめサイト
http://kakiokosi.com/2010/04/%E3%80%8C%E5%9B%BD%E6%B0%91%E3%81%AE%E3%80%81it%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%80%81%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E3%80%8D%E6%9B%B8%E3%81%8D%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%97-%E3%83%AA%E3%82%A2/
スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://creativedesigner.blog14.fc2.com/tb.php/5-4953fcae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。