スポンサーサイト

Posted by クリエイティブデザイナー on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者が集う組織ー龍馬伝を見て

Posted by クリエイティブデザイナー on 27.2010 考え 0 comments 0 trackback
・夢が崩れる瞬間。
自分ならどうなる?!どうする?


・女の話から入り、
・核心部に切り込むテクニック


・歴史的に正しいであろうことを考えている人も、当時は認められないことが多い。


・親兄弟にはニコッと笑っている女子を見ると、この娘は必死に生きてる。何とか助けてあげたいと思う。
遊びで女子と付き合えない男。
そんな男がカッコイイ。魅力的。


・一生ついていける師匠の存在がいることはいいな。


・やる気になったらここまでできると胸を張った。
しかし同時に、こんな無茶はもう二度とはできない。
だから、若い者を育てることに心血を注いだ。
・このままでは、日本が危ない。
急がないと俺の寿命が無くなってしまう。
しかし、若い者は違う。時がある。
これからはお前らの舞台の幕が開く。
→若さを大切にしないと。信念を持って行動を起こせ!!


・どこへだって行ける。何だってできる。
お前さんたちの腕で、日本を変えてみろ。
君たちが私の希望である。
→そう言われる若者でありたい。


・以蔵に毒まんじゅうを渡せるか?
→もう全く理解できない領域。



龍馬伝は学ぶことがあり過ぎて困ります(汗)

前から漠然と考えているのだが、今の日本にも海援隊のような若者が集う場所・魅力的な師匠が必要だと思う。
個性をそこらで生かすのではなく、何か同じ志を持って個性を終結させる。
そんな組織が必要だと思うのだがどうだろう??
似た考えを持つ方はいらっしゃらないだろうか?
スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://creativedesigner.blog14.fc2.com/tb.php/36-8df7c114
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。