スポンサーサイト

Posted by クリエイティブデザイナー on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリア官僚

Posted by クリエイティブデザイナー on 23.2010 考え 0 comments 0 trackback
今日は、キャリア官僚の方とお話ししてきた。
企業の方とは何度もお会いしたことがあるし、経営者ともたまにお話しをさせていただく機会がある。
しかし、官僚の方とは初めてだったので大変ためになった。

少し前に、私の師匠に「私は企業と官僚どっちが向いているか?」と聞いたことがある。
大変私を理解して下さってるので、アドバイスは受け入れるようにしていて、その時師匠は「企業だ」と迷いなく言って下さったので、企業か官僚かの迷いはなくなっていた。

しかし、本日のご講演や、その後の飲み会で官僚の仕事は面白いと感じた。


私は、「日本を元気にしたい」とよく言う。
想いは本当で、(若いからだろうが)自分よりも国のため、世界のために働きたいと考えている。
その想いを企業で叶えるのは、大変難しい。

私は、どうも利潤追求が苦手で、株主のために経営方針を決定していくのが腑に落ちない。
それよりは、長期的スパンで考え、確実に国を背負っていく方向が性に合う。

官僚は、本当に国のことを考えていなくては良い論理が組み立てられないし、信念を突き通すこともできない。
官僚はディスカッションの勝負だという。
打ち砕くための論理を構築できる力、ディベート力、こういったものを発揮できるのは非常に興味深い。

また、広い視野を持つことが大切で、決して専門性にこだわっていてはいけない。
思考方法・勉強方法を大学で学び、真の勉強は社会に出てからという当たり前のことも気づかせてくれた。

さらに、キャリア官僚は忙しいことは忙しいが、しっかりとプライベートを持っていらっしゃることが素敵だと思った。
自らのキャリアを描き、それを実現する力させあれば、(我慢は当然のこととして)自らのキャリアを満足して突き進んでいくことができるのだと思った。


さて、自らのキャリアも考えないといけない。
企業については相当調べてるが、腑に落ちるところがないのが現状である。
あまりにも、R&Dがやりたいことと違うので、マーケティングに流れようかと思ったくらいである。
しかし、(師匠に言われたからとはいえ)企業に縛られる必要もない。
官僚の方とお話しできた絶好の経験を生かして、もう一度自らを見つめなおすきっかけにしていければと思う。



P.S.
これ以外にも本日は考えさせられる言葉がたくさんあった。

・文学は、自らの思考を深めるための手段である→もっと文学に親しもう!
・「□□とは〇〇である」という思考トレーニングをしていこう!→アナロジー対策になるかも?!
・例えば、人生とは登山であるという言葉は非常に興味深い。→下山を考えた登山をすべきなのかもしれない?!
・同じ経験をしても、1を喜ぶやつもいれば100を喜ぶやつもいる。そして、1を反省する奴もいれば、100を反省する奴もいる→俺は楽観主義すぎる。
スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://creativedesigner.blog14.fc2.com/tb.php/33-72d3ec86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。