スポンサーサイト

Posted by クリエイティブデザイナー on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国に持っていくとしたら・・・映像との関わり

Posted by クリエイティブデザイナー on 15.2010 考え 0 comments 0 trackback
「今から1時間以内に死ぬ」
そう宣告されたあなた。
天国に向かう際、何か一つの映像は持っていくことができます。
その映像は、
・1分以内
・音はなし
・あと1時間以内に撮り終わらないといけない
という制限がついています。
さて、あなたはどんな映像を天国に持っていきますか?
そして、その映像を取ってきてください。



こんなお題を、本日の授業で出された。
私は、急いで下宿に帰り、思い出の品やいま大事に使っているものを片っ端から集め、それを録画した。
「この世で生きた証を映像に詰め込みたい」
私はそんな想いで、無我夢中に撮影していた。


映像とは何だろう。
私たちが見るほとんどの映像は、マスメディアから流されてくるものであり、なかなか自らが映像を撮る機会が少ない。
マスメディアの映像の多くは、(ある程度経験を積めば)誰でも同じように撮れるものばかりだということがわかった。
本日の課題で撮った映像20人分を見ていったが、どれも個性的なものばかり。
「天国に持っていく」というコンテクストがあるせいもあるが、一生懸命自らの大切なもの・生きている証・現実の何気ないワンシーンを撮った映像を見て、映像とはこういうものなんだと知った。


特に、今日出されたお題は、時間制限が厳しい上に、本気になって撮ってしまうテーマだから、普段考えないような思考で日常を見つめることができた。
みなさんも、唯一天国に持っていける映像について、自分なら何をどう撮るかについて考えてみては?
スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://creativedesigner.blog14.fc2.com/tb.php/31-6d0af8d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。