スポンサーサイト

Posted by クリエイティブデザイナー on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史との付き合い方

Posted by クリエイティブデザイナー on 01.2010 ヒント 0 comments 0 trackback
歴史とは何だろう?どう付き合っていくべきなのだろうか?
歴史は暗記するものではなく、教養として知るものだと思っていた。
しかし、それでは甘いことが少しわかった気がする。

目的を持って歴史を切り込む。答えを積極的に求めていく。
歴史に何を見るかという視点を意識する。

これが、歴史との上手い付き合い方ではないだろうかと、現時点では考えている。

「何をしたらどうなるかを学べる」
「人の生き様を知り、憧れを抱く」

よく言われることであるが、これらの言葉が分かった気がする。

歴史は判断力を高めるための学問である。

そう言っておられた方がいた。
なるほど、そうかもしれない。



(今日思ったこと)

・アイデアだけ<<実行を伴う (歴史より)

・信長、秀吉、家康だけでも考える材料がたくさん!

・少子化問題を考えるのではなく、少子化「対策」を真剣に考え始めると、今やられている制度が結論として出てくるもので驚いた。

・が、制度の甘さはあるので、何とかしないといけない。

・道徳や制度は、組織に都合よく作られたものでしかない。→が、それも大切!

・非正規雇用は、何故あるのだろう??何故増えたのか??勉強しないと。。。絶対なくすべきだと思うのだが。
スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://creativedesigner.blog14.fc2.com/tb.php/21-43d3e6dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。