スポンサーサイト

Posted by クリエイティブデザイナー on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般人がディズニーファンになった一日

Posted by クリエイティブデザイナー on 20.2012 未分類 0 comments 0 trackback
1年半ぶりの更新です(笑)
もちろん更新するには訳があって、表題の通りなのですが。

私はディズニー映画も、ディズニーランド/シーも好きです。
しかし、超好きか、熱狂的ファンかと言われると絶対にNOでした。
しかし!今日この答えがYESになりました。


私は今、ロサンゼルスにホームステイしています。
オレンジカウンティというとてものどかで美しい街です。
なんとディズニーまで車で15分という素晴らしすぎる立地。
ディズニーファンの女性数名から「将来は舞浜に住みたい♪」とプリンセスなことを言われて笑っていたのを覚えていますが、今では間違いなくオレンジカウンティをオススメしますね(笑)

2012/10/19、カリフォルニア・ディズニーリゾートに行ってきました。
入場料は$85(現在$1=\80)で少し高いし、何せ一人で行くことになるので、最後の最後まで行くかどうか躊躇っていました。
しかし、せっかくだからという想いが募って行くことにしました。
ここは、ディズニーランドとディズニーカリフォルニアアドベンチャーパークが併設されています。
日本のランドとシーのように入口間を移動しなければいけないわけではなく、本当に出口と出口が真横にあります。
両方入れるチケットは$125なのですが、貧乏学生にはあまりにも高いため、日本にはないアトラクションが多いアドベンチャーパークに行きました。
ホームステイ先の方に車で送迎してもらい、開園時間8時ほぼちょうどに着きました。
カリフォルニアのディズニーは、気候が熱くて雰囲気にピッタリだし、クルーは多国籍で味があるし、客はほとんどが白人なのでとてもいい雰囲気を醸し出しています。
ディズニー





ちなみに、私がどれだけディズニーファンではないかを伝えておくと、
・6回ディズニーに行っているはずだが、記憶が2回しかない(大学生でシーとランドに一度ずつ行ったそれだけ)
・基本女の子と行くので、プランも歩くコースも全て任せている
・そのため、ファーストパス(以下FP)の存在も忘れているし、ルールは全く分からない
酷いものですw
何に乗りたいかもわからないし、調べる時間的余裕もなかったので、完全ノープランで行きました。


まず、Cars Landが一番新しく混むという情報を聞いていたので、真っ先にRadiator Spring Racerへ。
カーズ同士が競争するアトラクションで、英語がチンプンカンプンでしたが面白かった。
その後は、「FPマークが付いているアトラクションは面白いはず」の原則で、バンバン取りながら回ります(そのうち使い方を習得した)。
カーズ


日本になさげなアトラクションから乗ろうと思い、次にSoarin' Over Californiaに乗りました。
飛行機に乗った気分で、カリフォルニアの色んな顔を持つ地域を旅するアトラクションでした。
ゴールデンゲートブリッジの上を飛んだり、海の上を飛んだり。。。
でも一番良かったのは、大草原の上を飛んだ時ですね。
ふと、インドで砂漠を訪れた時の想い、それは「広大な自然の前に自分しかたっていない時の、自然に圧倒される気分と、一人の人間の存在の小ささを思い知らされる想い」が蘇ってきて泣きそうになりました。
日本、特に東京や大阪のような人がゴチャゴチャいるような場所で日々を過ごしていては絶対に気づかない、大切な想いです。

この後たまたま、World of ColorというFPの付いたものを見つけ、何かもわからずFPを取りました。
これが実は一番の幸運だったのですが、この時は全く気付いていません(アトラクションやと思っていたので:笑)

It's Tough to be a Bug!という、唯一子供には恐怖過ぎるというマークがついていたアトラクションにチャレンジ。
3Dアニメーションなんですが、上手いこと複合現実しており、気持ち悪い虫が自分の身体を走り回っている感覚を得ます。

次に、The Twilight Zone Tower of Terrorに乗りました。
実は、私は生まれて一度もすごい絶叫系に乗ったことがありませんでした。
(理由は中学以来ほぼ遊園地に行っていなかったことと、TDLやUSJに行く相手が必ず絶叫系ダメな子で合わせていたから)
だから、もう一生絶叫系に乗れないかもしれないと思って、いきなり凄いのに挑戦しました(笑)
これはマジで怖かったですね。顔写真が恐怖におののいていて、バッチリ撮りました(恥ずかしくて?面白すぎて?アップできません:笑)
タワーオブテラー


そして懲りずに、California Screamin'というジェットコースターに乗りました。
これは案外怖くなかったです。
一回転するのが小学生の時からどうしても無理で挑戦したことなかったのですが、全く怖くないですね!(回転の半分でメガネが取れて超ビビりましたが:笑)
ジェットコースターにははまりました(2回乗りました)
ジェットコースター





ここまででFPを全部取り終えて11時前。
信じられないくらい早いペースで回れているので、FP以外にも挑戦。
Toy Story Midway Mania!というのがメチャクチャ並んでいて50分待ち(今日はこれが最大の待ち時間でした、ラッキー)。
長蛇の列に並ぶという発想で入ると、シューティングゲームでした。
確か日本のランドにもあった記憶がありますが、打ち方が全く違うように思います。
日本のはボタンを押す/レバーを引く(どっちみち押す行為)だと記憶していますが、ここのはひもをいちいち引っ張って打つから超腕が疲れました。
トイストーリー


Goofy's Sky Schoolというのにも乗りましたが、これは全然。
子供向けのショボイジェットコースターでした。

続いて、The Little Mermaid - Ariel's Undersea Adventureを乗りました。
このアトラクションに結局最多の4回乗ることになるのですが、まぁ感動しました!
リトルマーメイドを子供のころ見ていた時の気持ちがふと蘇ってきて、これまた泣きそうになりました!
そして、めちゃくちゃアリエルが好きになってしまいました!ロボットであろうとなんと美人か!
ストーリーもいいですよね!主人公が女性の恋バナストーリーが一番好きです。
音楽もダントツで好きです!高校生の時吹奏楽部でしたが、ずいぶんとリトルマーメイドメドレーがしたいと主張したことも思い出しました(結局採用されなかった:涙)
ディズニー映画ではリトルマーメイドが一番好きやと、ここで初めてわかりました。
絶対もう一度見よう!10年ぶりくらいに!!!
リトルマーメイド


そしてGizzly River Runというのにも乗りました。
これは見た目からして超楽しそうな、水がかかる系のアトラクションです。
しかし、ここはアメリカ。
このアトラクションの設計責任者を呼べ!と言いたくなるくらい水がかかります(笑)
どれくらいかというとジーパンをワイシャツ、革靴を履いてた俺が川に3秒間全身を川に付けた感じ。
ずぶ濡れなんてもんじゃありません!
いくら熱いカリフォルニアといえども、風邪をひきそうになるくらい凍えていました。
(まぁ懲りずに2回も乗ることになり、2回目が最悪にベチャベチャになって、結局帰宅後の今も乾いていません(涙)


ここまでで14時、超良いペースです。
乗りたいアトラクション(子供っぽいの以外すべて)は全制覇したので、ショーに行くことにしました。
この時初めて、World of Colorがラストショーであることに気づきFP取ってて正解やったと思いました(最高の感動は最後に書きます)。
その他のショーはアラジンくらいしか興味をひかなかったのでDisney's Aladdin - A Musical Spectacular -を観に行きました。
これがまた良かった!!何回も泣きました(笑)
日本のに比べて役者が上手い!うまくジョークを入れるし。
そして、観客もアメリカ人なので、笑うときは爆笑するし、感動したら叫び声あげるし。
それを真似してるととてもとても楽しかったです!
結局、この劇も感動し好きで2回連続で見ました!!(2回目はかなりいい席をとった!)
アラジン




あとは晩御飯食べたりお土産買ってたらいい時間となり、最後のWorld of Colorを観る準備に行きました。
これはFPを持っていないと立見席に行けないという仕組みになっており、たまたま取っておいた私は大正解でした!
FPはBlue, Yellow, Redの3色で分けられているようで、順に良い席なのだとか。
私はYellowでしたが、1時間半前からしっかりと並び、一人だということもあって最前列で観れました。
ワールドオブカラー1

ワールドオブカラー2



期待は少しだけだったのですが、始まってみるともうこれが!!!言葉が全く出ませんでした。
美しくて感動で…。凄すぎました!!!!!
水にプロジェクター光を当てて、色つきの水を高くまで噴射させたり、水のベールに映像を描き出すのが原理なのですが、めーーーーっちゃ綺麗!!!
生きてきて間違いなく、文句なしで、ダントツで感動しました!!!!!!
これはこの動画見てくださいとしか言えません。
World of Color 1/2
World of Color 2/2
あまりの感動に涙涙。
必ず、両親と妹、そして将来の家族を連れて来ようと心に誓いました。
World of Colorは観ずに死んではいけないと思います。
日本のランドやシーとは同じ比較フィールドにはなく、完全に超越しています。
ディズニーシーができるとき、一部のディズニーマニアからWorld of Colorを作るよう強い期待があったという話を聞いていましたが、その意味がよくわかりました。

日本にいるだけじゃわからないこと、味わえないことをたくさんたくさん味あわせていただいています。
それがディズニーにまで及ぶとは想像していませんでした。
今回はディズニーランドの方には行けませんでしたが、そっちも素晴らしいものがあるはずですし、フロリダやその他の国も含めて、各箇所のディズニーには各々の味があるんだろうなと思いました。
こんな素晴らしいWorld of Colorを見せていただいたら、一生かけて世界中のディズニーを廻るしかないですね!素敵な楽しみができました。



カリフォルニアのディズニーは、World of Colorが良いのはもちろんのこと、気候・クルー・客がディズニーの雰囲気にピッタリなので本当に良かったです。
ディズニーファンはもちろん、万人に来てもらうことを心よりおすすめするため、久しぶりにブログを書きました。
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。