スポンサーサイト

Posted by クリエイティブデザイナー on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の成長戦略を考える

Posted by クリエイティブデザイナー on 25.2010 考え 0 comments 0 trackback
私の好きなTV番組の1つに「サンデー・フロントライン」がある。(毎週日曜日10時より・ABC系列)
http://www.tv-asahi.co.jp/s-frontline/
毎週ノートを取りながら必死に見てます。
良いところは、

・話題のテーマを2~3個取り上げ、関係する日本トップの人たちを招いて徹底的に話す
・小宮さんを含めスタッフがまとも
・コミュニケーションデザインにまで気を配って作られている

ところです。
見たことない人は是非一度どうぞ!

さて、今回は、4/25分の内容がとても良かったので、それについて述べます。
ゲストは
・仙谷 由人 国家戦略担当大臣
・孫 正義  ソフトバンク社長
でした。
孫さんが、今後の日本が進むべき方向を示していて、それが私の考えにかなり近いもので、かつ私の専門分野を後押ししてくれる内容だったので、大変感銘を受けました。
まず、現在政府が出している新成長戦略を取り上げます。
http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2009/1230sinseichousenryaku.pdf

・環境、エネルギー
・医療、介護
・観光

についてはまとめあげられていますが、そこにIT部門が入っていないことを指摘します。
私も賛成です。
これら3つに重点を置くだけでは、まだ不十分だと思います。
そうじゃなくて、もっとIT・インフラ的なものをシステムとして作り上げていく必要があるのではないでしょうか?

モノ作りの時代は終わりつつあります。
十分に良いモノが日本でなくとも作れるようになった今、モノ作りは中国やインドに流れていくでしょう(よく言われますが)。
そこで日本は何をすべきか?何で生き残っていくべきか?
孫社長いわく、そのキーワードはサービス化・情報化・高度化であるようです。
これを顕著に表しているのは、私は「アンビエント情報社会」だと思っています。
http://www.hitachi-hri.com/research/02nfp/04ambient/index.html
http://www.ist.osaka-u.ac.jp/GlobalCOE
情報化されたインフラをシステムという大きな単位で捉えていく。
それを可能とするだけの方針を、日本全体が共有し実現していく。
環境・エネルギー、医療・福祉、観光の全てを巻き込みながらスパイラル成長できる。
そう昔から考えています。
そういった大きな戦略を実現するには、政府も大切であると孫社長はおっしゃっています。
法律というものは、私が考えている以上に大きな力を持っているようです。
国が腹を据えて方針決定をできるよう、研究者・エンジニアとして意見を発信していかないといけないのかもしれません。
というより、私たち若者が変えていく気持ちで、トップレベルの学生たちを集めて国の方針を徹底的に考えていく必要があるように思えてきます。
そんなイベントってあるんかな?
あるなら参加したいし、ないなら作ろうか!
前回の内容じゃないけど、失敗を恐れずそんなことをしていきたいですね!!

それにしても孫社長は話がうまい。
私みたいに曖昧な裏付けでなく、しっかりした根拠をもとに話しているし、
説明もわかりやすい言葉で、イメージしやすい比喩や比較をしている。
プレゼンは見たことないけど、以下のHP見ても分かるように大分現代的(←私はこのタイプなので共感)。
早速、孫社長をフォローし本を注文しちゃったww

孫社長の意見まとめサイト
http://kakiokosi.com/2010/04/%E3%80%8C%E5%9B%BD%E6%B0%91%E3%81%AE%E3%80%81it%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%80%81%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E3%80%8D%E6%9B%B8%E3%81%8D%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%97-%E3%83%AA%E3%82%A2/
スポンサーサイト

可能性を信じて

Posted by クリエイティブデザイナー on 25.2010 考え 0 comments 0 trackback
将来の方向性を決めかねている自分がいる。。。
様々な人と会い、お話しを聞くようにしていて、徐々に方向性が固まりつつあるが、なかなか勇気を持った決断ができないんだな。

昨日、ある研究室にお邪魔してお話を聞いた。
研究室生活について話を真剣に聞いたのは初めてで面白かった!
先生・先輩がとても親切で、かなり低レベルな質問にも答えて下さり、いい経験となった。


その際、素敵な言葉をたくさん頂いたので、そのうちうをご紹介。

(a)挑戦的な研究は、大学でないとできない
(b)紙1枚で数億円もの価値があるアイデアを作りだし、それを実際作って説得できる能力が必要となる
(c)1回やって失敗することでも、10回やれば成功する可能性が高い


(a)将来も研究していくのであれば、企業か大学かは迷うところである。
多くの人が安全圏を取るためだろか、私も知らないうちに安全圏を取りたがっていたのかもしれない。
大学入学時まで抱いていた教授という夢は、大分薄まってきてしまっている。

また、世界で活躍する研究者となるためには、ドクターが必須なことも教えていただいた。
実際それを体験している方から聞いたので、すごく説得力があった。
もう一度白紙の状態から自らのキャリアを考えていかないといけないよな。
(研究室に入ってみなとわからないだろうけど)


(b)これは凄い言葉だった!!
日本はもはやモノ作りの時代ではない。
極論すると、私もこの意見に大賛成である。
これからは、クリエイティブなアイデアを創出する力はもちろん大切である。
しかし、それを説得するだけのプロトタイプをも自ら作ることができる人はメチャクチャ強い。
この両者を兼ね備えた人材はなかなかいないらしい。
大きな目標の一つに置きたい、素晴らしいアドバイスを頂いた。


(c)これも良い言葉だ!
私は、相対的には活発な学生なのかもしれない。
しかし、最近は自分でも3流学生だなと感じている。
そんな時期に言われた言葉なので、すっと胸に沁みこんできた。
思い返せば、失敗は繰り返さないようにと、チャンスを避けていたケースもあったように思う。
大変もったいないことである。
学生時代の失敗は許されると、色んな人から言われる。
恐らくそうなのだろう。
そして、実現困難なことを思いついた時、勝手に諦めていた自分もいる。
9回失敗したって10回目を成功させれば良い。
そう思えば、何だか勇気が湧いてきた!
もっと何かやってみよう!
まぁまぁ大きなことは企画中だけど、もっと大きなことに立ち向かってみよう!
良いアイデアを思いついた(前から考えていた)ので、これについては、また書くことにしよう。

言葉は受け手が決めるもの

Posted by クリエイティブデザイナー on 24.2010 ヒント 0 comments 0 trackback
昨日はメチャクチャ良い授業がありました。
アメリカで活躍中のある方が、衛星中継で授業をしていただきました。
内容は、言葉について。
この方は、何度も何度も「言葉は受け手が意味を決める」というセリフを言い続けました。
伝えるではなく"伝わる"表現をという言葉を耳にします。
それはよくわかっているのだけど、なかなか実践に移せていない自分に改めて落胆。。。

・ゆっくり
・ハッキリ
・わかりやすく
・言葉を選んで
・正しい言葉で
・落ち着いて
・手振り、身振りを使いながら
・目線をうまくコントロールして
・姿勢に気を付けて
「わかってもらいたい!」という強い想いを持って話すことが大切であると教えていただきました。
自らの(狭義の)コミュニケーションを見直し改善する必要があることを痛感しました。


また、外国語の必要性を改めて実感。
外国語ができないうえに、文化も知らないで現地に行くと、最悪の場合殺されてしまうかもしれない。
そんな言葉が胸にしみました。

・まず日本語
・そして英語
・さらに、マイナー言語

本当に頑張らないと!!!!
でも、一番大切なのは「相手に分かってもらいたいとどれほど想っているか」だろうな。

いや~言葉って難しい。けど面白い!

少子高齢社会

Posted by クリエイティブデザイナー on 24.2010 ヒント 0 comments 0 trackback
突然ですが、みなさん!
日本は今、少子高齢社会ではないのをご存知でしたか?
私は、つい先日まで、日本は少子高齢社会であると勘違いしていました。
実は、今日本は「超少子高齢社会」であるそうです。

<まとめ>
少子高齢化社会ーーー7~14%(65歳以上の割合)
少子高齢社会ーーーー14~21%
超少子高齢社会ーーー21%以上

……恐ろしい。。。
総人口は2009年がピークで、現在減少しております。
しかし、合計特殊出生率は1.3(?)。。
今後、2055年をピークとして老人率はドンドン増加していくそうです。

<まとめ>
2010年(私:22歳)ーーー4人が1老人を支える
2025年(私:37歳)ーーー2.2人が1老人を支える
2055年(私:67歳)ーーー1.3人が1老人を支える

……信じられないですよね!!
常識かもしれませんが、最近初めてこの現実を数値として目の当たりにしました。


私は、
「日本が世界でどんな役割を果たす国となりたいか?」
「世界を幸せにするには、私は何をすべきか?」
と日ごろから考えています。
上記の数字を見たら、この少子高齢化問題は避けては通れない問題ですよね。

私の専門と照らし合わせて少し考えたら・・・
・老人増える→機械を使いこなせない人が増加する→ヒューマンインタフェース大切!
・老人増える→労働人口が減る→労働者は介護と仕事を両立させる時代?→ロボット社会を創り出す!
って考えちゃいます。
答えは全くわかりません。。
でも、この問題は避けては通れないのでしょうね。
一体、私は将来どうなって、どんな生活を送っているのだろうか?

毎日考えてしまう。。。

はじめに

Posted by クリエイティブデザイナー on 24.2010 !重要! 0 comments 0 trackback
みなさま!はじめまして。
Creative Designerです。
現在、大学3年生です。
これからどうぞよろしくお願いします。

さて、このブログでは、モラトリアム期と必死に立ち向かう私が、日々感じることを徒然に書いていきたいと思います。
多くは、日本がこれからどうすべきか?私たち一人ひとりが、いかに社会と関わるべきか等について書く予定です。
私は、リアルな友達から、「ハートの熱いやつやな」とよく言われます。
そのため、一部の人にとっては「何独りよがりなこと言ってるんだよ」と言われてしまうかもしれません。
その点はご了承ください。

あくまでも、私が私と本気で立ち向かっていること、日々感じることを書いていく予定です。

どうぞこれからよろしくお願いします!!
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。